行政書士LEE法務事務所イメージ画像
行政書士LEE法務事務所イメージ画像
行政書士LEE法務事務所イメージ画像

帰化のご相談なら、
帰化申請専門の行政書士
をご利用ください。


お客様の負担を最小限にして、帰化の許可取得を最後までサポートします。
無料相談だけの方も歓迎します。

「日本に帰化したい」とお考えの方へ

自分は帰化ができる?申請書類はどうやって集めたり作成したりするの?といった様々な疑問に、無料相談で帰化申請に特化した行政書士が答えます。
帰化申請する行政書士のバッジの画像

お一人で仕事や家事をしながら、法務局へ何度も足を運び領事館や官公署から証明書類を取寄せ、100ページ以上の申請書を作成するのは、時間もかかり大きなエネルギーを使ってしまいます。
当事務所にご依頼いただければお客様でしか用意できない数点の書類を除き、大半を行政書士が取り寄せ、作成し、法務局との折衝も代行いたします。

もし今の時点で帰化の要件を満たしていなくても、原因を早めに知り手を打つことで帰化することは可能です。

お客様の申請手続きに対する負担を最小限にして、許可取得の最後までサポートします。
申請を迷っている方は、無料相談だけでも歓迎します。

お気軽にどうぞ。

帰化申請で悩む人のイメージ画像

こんなお悩みはございませんか?

自分に合わせて申請手続きを進めてくれる行政書士を探したい

在日韓国・朝鮮人の帰化申請に詳しい事務所を探したい

他にはない充実したサービスで手をかけずに手続きしたい

1日でも早く、帰化申請したい

家族全員で帰化したいけど要件が足りているか心配

仕事が忙しいので手間をかけずに進めたい

上記のお悩みを「帰化サポートベース西宮」が解決いたします。

  • 一人一人のお客様の事情に合わせた対応を心掛けています。
  • 在日韓国・朝鮮人の帰化申請は、証明書類の取寄せ順序に特徴があります。お客様に2度手間を取らせません。
  • 無料の出張相談、返金保証、韓国家系図進呈、 申請書控えファイリングの特典を差し上げています。
  • 証明書類を一回で順序良く揃え、本申請までの期間を最短にいたします。
  • 家族全員での帰化は、一般要件を満たしてなくても「簡易帰化」の要件に当てはまれば許可されます。
  • 最初のヒアリングと申請書完成後にお客様の指定場所まで出張対応しています。
    お客様が本申請まで官公署に足を運ぶことはありません。

選ばれるための取組み

合意し握手する人のイメージ画像

お客様の意志を尊重します

帰化を決心したお客様の意志を尊重して、許可取得の最後まで誠実にサポートします。
帰化申請の可否を相談する人のイメージ画像

帰化申請の可否を判断して受任します

帰化の許可は法務大臣の裁量で行われ、不許可でも理由を教えてもらえません。
しかし、十分に要件を検討し証明書類を正確に揃える事で不許可のリスクを0に近づけることができます。
帰化申請の事前見積の画像

帰化申請の費用は全て事前にお見積り

基本料金の中に公的書類の取得費用や郵送費用が含まれています。
後から追加費用がかかることはありません。
自宅で手続きをする人の画像

お客様が役所や領事館などへ行く必要はありません。

当事務所の面談は基本2回(初回と申請書完成後)です。 どちらも指定場所まで出張対応しています。お客様が本申請まで官公署に足を運ぶことはありません。
韓国語翻訳のイメージ画像

韓国語翻訳に対応

韓国領事館で取得する書類の内、電算化書類である家族関係登録簿の翻訳は帰化の基本料金に含まれています。翻訳料金を請求するのは「手書き除籍謄本のみ」です。取寄せ、翻訳のみのご依頼にも対応します。
オンラインで相談する人の画像

オンライン、LINE、Skype対応

オリジナルのサポート体制

返金保証する行政書士のイメージ画像

返金保証

////////
もしも不許可となった場合は、追加費用なしで再申請します。
再申請しても不許可となった場合は全額返金いたします。
(ただし、申請後のお客様に不許可事由が発生した場合やお客様から事実と異なる申告があった場合は対象外となります。)
出張する行政書士のイメージ画像

無料出張相談

/////////////
大阪市~神戸市の阪神間地域にお住い方には、指定場所まで無料で出張相談に伺います。
帰化申請サポートの家系図の画像

家系図を進呈

/////////////
特別永住者の韓国・朝鮮籍の方で帰化申請をお申込みされた方には除籍謄本を元に追加費用なしで、先祖代々の家系図を作成して進呈します。(法務局指定の提出書類ではありませんが、帰化審査時の補助として有効に使われると考え、当事務所で独自に作成しています)
家系図サンプル
帰化申請サポートの書類控えの画像

申請書控えのファイル作成

//////////////////////////
永年に渡って貴重な記録として保存できるように、法務局に提出する書類を全て(100~200枚)控えを取りファイリングして差し上げます。

帰化申請の苦労話

ご自分で申請される方もおられますが、実際には困難が伴うことが多いです。
  • 集める書類が多い
    複数の官公署へ証明書類を請求して、100~200ページにおよぶ申請書を完成させなければなりません。
  • 何度も法務局や領事館に行っているのに手続きが進まない
    法務局へ相談に行けば、必要書類を指示されますが、揃え方までは教えてくれません。領事館も同様で、積極的に教えてくれることはありません。 申請を検討する早い段階で専門家への相談が無難です。
  • 複数の会社を経営しているため書類が多く困っている
    事業主の方の場合、必要書類が多くなります。複数事業であれば、1事業当たり基本料金に2万円の加算で対応いたします。
  • 帰化申請で親族に連絡が取れずに困っている
    一定の場合では、親族との連絡が重要ではあります。 しかし連絡が取れない場合にも法務局との折衝を経て本申請することは可能です。
  • 帰化申請に必要な本国書類を取得できない
    在日韓国・朝鮮籍の方の場合で、身分関係の証明書である除籍謄本が見つからなかったり、 本人だけが親族の中で記載されていなかったりというケースがあります。1950年代の朝鮮戦争で焼失していたり、漢字からハングルへの移行による制度変更で文字の間違いが生じたりしたことなどが原因にあるようです。その場合でも法務局との折衝を通じて本申請が可能となります。他に領事館への証明書請求の仕方が分からないだけという方の場合は、取寄せ翻訳だけの対応もしています。
  • お悩み・お困りごとの内容がそれぞれ異なる
    【例:離婚した元妻の日本の戸籍謄本が必要と言われた、など】
    戸籍謄本は同居親族に日本人がいる場合(配偶者や婚約者)に必要ですが、この例のように離婚して別居していても子供の認知や親権の確認をするために元妻の戸籍謄本が求められる事があります。
    初期段階で必要書類を漏れなくリストアップする作業を専門家としておけば、最後まで手続をスムーズに進める事ができます。

帰化申請の流れ

帰化申請のご依頼から、許可までのおおまかな流れをご紹介します。
帰化申請の手順のイメージ画像
お問い合わせ
ご面談(初回相談無料)対面/オンライン
見積もり・契約
書類作成(事務所が準備する用紙へのご記入)
法務局へ帰化申請
法務局での面談
【許 可】

当事務所にご依頼後にお客様が実現されること

帰化後、「参政権」が得られた!

帰化による最大の変化の1つが「参政権」です。日本人としての法的地位を得て、国政や地元自治体の選挙に投票はもちろん、立候補も可能となります。あなたの声を社会に反映させることができるようになります。

本申請まで事務所や官公署に行かずに済んだ!

本申請で法務局に行くまで、官公署に行かずに済みます。

秘密厳守で、全くこれまで通りの生活が送れた!

お客様の日常生活に最大限配慮いたします。

帰化後の本国への届出、新戸籍の手続きもスムーズにできた!

本国への国籍喪失届、新戸籍編成の手続きもお手伝いいたします。
帰化申請のあとのイメージ画像

帰化申請書類一覧

「特別永住者証明書」と「在留カード」のどちらの証明書をお持ちでしょうか?
また、以下の就業形態のどれにあたるかにより、書類が異なってきます。
 ① 会社勤め(給与所得)の方
 ② 個人事業主
 ③ 会社経営者(役員)
 ※配偶者、同居者の方は同居親族が①~③のどれに当てはまるかでご判断してください。

タイプに合わせた必要書類、業務の流れ、料金をまとめています。
帰化申請の必要書類の画像
  1. 特別永住者の方
    • 特別永住者の必要書類一覧を以下のボタンからご確認いただけます。

  • 特別永住者のパターン別作成手順は以下のボタンから

  1. 在留カードをお持ちの方
    • 在留カードを持つ方の必要書類一覧を以下のボタンからご確認いただけます。

  • 在留カード所持者のパターン別作成手順は以下のボタンから

対応エリア

【対面・訪問可能エリア】
大阪市、神戸市、西宮市、尼崎市、宝塚市、伊丹市、芦屋市、川西市

上記以外はオンラインにて対応可能です。

料金表

当事務所では、返金保証のあるシンプルでわかりやすい料金体系で、お客様のご不安を取り除けるよう心がけております。
Q
見積金額以外に,帰化申請の依頼に際し追加費用は掛かりますか?
A

見積で提示した金額以外は原則掛かりません。例外的にかかる場合は、必ず事前に金額提示いたします。

Q
帰化申請を依頼した場合の支払方法について教えてください。
A

現金、銀行振込、paypayのいずれかでお願いします。

Q
分割で支払うことは可能ですか?また,クレジットカードは利用できますか?
A

契約時に基本料金の半額を、契約時から4~6週間後の完成時に残りの半額と翻訳料金の合計をお支払い願います。それ以外の分割払いは対応していません。クレジットカードは現在未対応です。

Q
不許可になった場合には,返金や保証はありますか?
A

不許可になった場合は追加費用なしで再申請します。それでも不許可になった場合は全額返金いたします。ただし本申請したあとでお客様に不許可事由が発生した場合や、作成段階においてお客様から事実と異なる申告があった場合を除きます。

Q
帰化申請を依頼した場合でも,自分で公文書の収集をする必要はありますか?
A

ございません。公的書類は全て当事務所が代行取得します。ただし、役所の規則でお客様でしか取得できない書類がある場合を除きます。

Q
依頼の費用を値引きしてもらうことはできますか?
A

ご自身で証明書類を取得済みであれば、見積して基本料金から値引きいたします。

Q
実際に事務所まで訪問する必要はありますか?
A

対象地域の方は指定場所まで出張しますので事務所訪問の必要はございません。来所希望のかたは当事務所で面談いたします。

サービス紹介

配偶者ビザのイメージ画像
配偶者ビザ
 
韓国語翻訳のイメージ画像
韓国語翻訳
 
相続対策室の画像

帰化サポートベース西宮

帰化申請には、お客様ごとに状況も課題も異なっています。
話しながら整理することで、解決の糸口が見つかることもございます。